検索

    スワロフスキー・クリスタルワールド

    スワロフスキー・クリスタルワールドでは、現代芸術と歴史と美しい自然が見事に融合し、新しい次元でクリスタルの魔法と独特な世界を体験することができます。

    驚異の新しい時代

    インスブルック近郊にあるワッテンスのスワロフスキー・クリスタルワールドは2020年には創立25周年を迎えます。クリスタル(水晶)をいかに芸術的に、魅惑的に表現するかにスワロフスキーは120年に渡って力を注いできました。そして大きなステップとなったのがこのクリスタルワールドです。緑に覆われ、大部分が地下に隠れた館内へは、大きく口を開けた「巨人の口」から入っていきます。中には驚きの”宇宙”が広がり、光、音、香りなどを使った様々な幻想的な表現方法で、クリスタルの魅力を人々に紹介しています。
    2015年には、クリスタルの様々な驚異の展示室を改装・増設し、クリスタルの輝きとファンタジーをより魅力的に紹介しています。7.5ヘクタールの敷地には、世界の建築家や芸術家達によるモニュメントや建物があり、クリスタルガーデンの80万個のクリスタルを使ったクリスタル雲、子供たちにはプレイタワーや三次元的な遊び場なども人気を呼んでいます。

    ジム・フィッティング、トード・ボーンチェやブライアン・イーノ、ファブリツィオ・プレッシ、草間弥生などの国際的に有名なアーチストやデザイナー、建築家による17の展示ルームには、青のホール、機械仕掛けの劇場、秘密めいた氷の通路、アンドレ・ヘラー、ブライアン・イーノとスザンネ・シュメーガーによるクリスタルドーム、世界的に有名な建築物タージ・マハールなどのクリスタルなどに加え、「沈黙の光」という名のクリスタルツリー、韓国の現代建築家イ・ブルがクリスタルで創造したドラマチックな大都会のユートピアの世界や、エデンの森、スタジオ・ジョブのカラフルな部屋、スワロフスキーの歴史を辿った部屋など、すべてここでしか目にできないものばかりです。
    クリスタルワールドの生みの親であるマルチメディア・アーチスト、アンドレ・ヘラーは言っています。「クリスタルワールドはいわば、現実となったファンタジーの世界です。ここを訪れる人々に、夢でしか見たことのない世界を、身を持って体験してほしい・・・・」

    モダンなカフェ・レストランでは、国際的なメニューや、郷土料理、季節のスナックや、手作りのケーキなどが用意されています。もちろん、お土産には広大なショップに並ぶ、数えきれないほど多い輝くクリスタル製品からゆっくるお選びください。

    アクセス: インスブルック市内からクリスタルワールド行きのシャトルバスが出ています。

    詳しくは

    輝くクリスタルの世界

    5つの驚きの部屋

    スワロフスキークリスタルワールドは、国際的に有名なアーティストがデザインした特筆すべき5つの驚きの部屋があります。 インドのデザイナー、マディッシュ・アローラ、オーストリアのマルチメディアアーティスト、アンドレ・ヘラー、イスラエルのアーティスト、アリック・レヴィ、メキシコのスター建築家フェルナンド・ロメロがそれぞれ驚異の部屋を手掛けています。彼らはエキサイティングでディテールに富んだカラフルで驚くべきインスタレーションを提供しています。草間彌生氏が手掛けた部屋も見ることができます。

    輝く冬の世界

    スワロフスキー・クリスタルワールドの冬は特別です。光と魔法のアートのインスタレーションがきらめく白い雪の中に現れ、輝くクリスタルによって特別な雰囲気が作り出されまます。ウィンタープログラムでは、多彩で楽しいプログラムが用意されています。
    オランダのデザイナーであるトルド・ボーンチェによるクリスマスおとぎの国は、クリスマス前の期間、アドヴェントに広大な庭園で見ることができます。その後、クリスマスや新年には様々なイベントが、そして1月中旬から約一か月の間、壮大な「光の祭典」が開催されます。カフェ・レストラン「ダニエルズ・クリスタルヴェルテン」では、自家製のパティスリーや温かい飲み物、今日の美味しい料理を提供しています。

    クリスマスの魔法

    クリスマス待降節から年明けにかけて、スワロフスキー・クリスタルワールドの広大な公園には、まるでおとぎ話に出てくるようなイルミネーションに輝くフィギュアが現れます。ムース、ウサギ、その他の陽気なキャラクターは、オランダのデザイナー、トルド・ボーンチャによって制作されました。動物たちは、輝くスワロフスキー・クリスタルの設置と調和して、庭の様々な場所を明るくしてくれます。公園内では、クリスマスシーズンに向けて、神秘的でわくわくする芸術的な装飾がお祭り気分を盛り上げてくれます。公園内に設置される冬のパビリオンは、3の立方体からなり、60平方メートルの空間に視覚的にもユニークなウィンター・ワンダーランドを作り上げています。13メートルの伝統的なクリスマスツリーのトップに飾られる美しいオーナメントもぜひご覧ください。年明けまで公園のデコレーションは続きます。ウィンターパビリオンは寒い季節を通して3月末まで見学することができます。

    11月末~翌年の1月6日
    8:30~21:00 (最終入館は19:00)、12/24,25,26,31は早く閉館
    庭園の照明は16:00~21:00

     

     

    光の祭典

    毎年行われる冬の光の祭典は、一月から二月の一か月間開催されます。この祭典はスワロフスキー・クリスタルワールドの広大な庭園で行われ、視覚効果と音響効果が完璧に調和のとれた大変すばらしい光と音楽の饗宴です。野外のきらめく光のショーは、音楽と共に17時からスタートし30おきに行われます。クリスタルの雲の下、魅惑的なミラープールの周りには神秘的な雰囲気が醸し出されます。ライト・フェスティバルの演出は、独創的なオーディオビジュアル・コンセプトで驚異的な芸術的かつ技術的な才能をもつアーティスト、デュオ・プレイモーズです。光の祭典の期間は屋内のワンダールームは朝8:30から21:00まで開館(最後の入館は20時)、庭園は21:00まで入場でき、レストランは22:00まで営業しています。